「エアリーボウル」ご案内

厚みたっぷり、印刷きれい、そして軽い

最近の出版物といえば、

  • ページ数が少なめ
  • カラーのイラスト・写真が多い

というものが少なくないように思います。

そのような本や雑誌の本文は、少し厚くて印刷上りのきれいなものを選びたいもの。

ところが「濃淡厚薄」でご説明した通り、同じ銘柄の紙で厚くすると、本が重くなってしまいます。

読者の方にも環境にも優しくないだけでなく、紙の取引は重量ベースで行われますのでコストアップにもなります。

今回ご紹介する「エアリーボウル」は、厚みはたっぷりで印刷もくっきりと出ますが、軽い紙です。

例えば、一般的なA2マットコート紙とエアリーボウルの同じくらいの厚みのもので比較すると、

マットコート紙 エアリーボウル
厚さ 138ミクロン 140ミクロン
4/6判連量 <110> <73>

このように重量がおよそ3分の2になります。

軽い紙というと、中質紙ベースのものが多いのですが、エアリーボウルは上質紙ベースですので、長期保管しても紙が黄色くなることはありません。

空気のように軽く(airy)、皆さまからの様々なニーズの受け皿(bowl)になる紙、という意味で「エアリーボウル」と名付けられました。

厚さは120ミクロンから180ミクロンまでの5種類、巻取・平判の詳しい品揃えは、弊社までお問い合わせください。

「エアリーボウル」は、「OKピクシードソフィア」になりました。

詳しくはこちらへ→http://toho-paper.co.jp/topics/468/

Copyright © Tohoshigyo Corporation. All Rights Reserved.