洋紙と用紙

第18回「B4のこと」

B4判をとり上げてみました。カット判のこのサイズは、印刷物はもとより白紙のままで使用する用紙としても… [続きを読む]

第17回「紙を判定しなければならないとき」

紙を判定しなければならないとき 「これと同じ紙がほしい」「この紙はなんという名前だろう」と聞かれるこ… [続きを読む]

第16回「紙の見本」

紙の見本 洋紙にはたくさんの種類があります。その中から一番気に入った紙を選ぼうとするとき、最後の決め… [続きを読む]

第15回「洋紙の売買によく使われる単価(その3)」

(前回のつづき) その他の単価 これまで、基本的な価格体系の重量建て制、連建て制の単価についてふれて… [続きを読む]

第14回「洋紙の売買によく使われる単価(その2)」

(前回のつづき) ②連単価 連単価 連そのものの単価を「連単価」といい、1連が単価の基準です。紙を使… [続きを読む]

第13回「洋紙の売買によく使われる単価(その1)」

洋紙の売買は重量を基本とした「重量建て(キロ建て)」価格制をとっていますが、一部に「連(枚)建て」価… [続きを読む]

第12回「洋紙の取り扱いによく出てくる単位(その3)」

連数 連数とは、1連を基礎単位とした連の数のことです。3,000枚の連数は3連、7,500枚では7.… [続きを読む]

第11回「洋紙の取り扱いによく出てくる単位(その2)」

連 紙を取り扱ううえで常に出てくる単位が「連」です。JISでは「紙および板紙の取引上の一単位」と簡潔… [続きを読む]

第10回「洋紙の取り扱いによく出てくる単位(その1)」

洋紙の取引には、独特の単位や計算方法が使われます。おもな単位について、若干の説明を加えてみました。 … [続きを読む]

第9回「『縦目』『横目』はどう決まる」

「縦目」「横目」はどう決まる 紙の目が、印刷や製本などに大きく作用することは前回述べました。 目のこ… [続きを読む]

2 / 3123

Copyright © Tohoshigyo Corporation. All Rights Reserved.